「お客様のために、こうした方がいい!」

そんな想いがあって、

それが、宝のような特長なのに、

「こだわりを捨てて、柔軟にいこうよ」

なんて誘惑に、つい乗りそうになってしまう。

 

想いやこだわりを捨てて、

ごく当たり前の会社になれば、

できることは増えるかもしれない。

 

でもきっと、「弊社(当店)は、何者?」

と、特徴の薄さに悩むときがくるはず。

 

貫く思いは捨ててはいけない。

それが、軸であることを忘れないで。

 

「弊社(当店)は○○○○しません」

高らかに宣言し、真っ直ぐ前を向いて進んでいきましょう。

 

「お客様のために、こうしよう!」

その思いを応援するために、私も精一杯、力を尽くします。

 

コピーライターの仕事は、言葉を考えるだけではない。

小さな会社や店舗の仕事をすると、そう実感します。

何をすれば事業主の思いが実現するのか?

そう考えるとき、言葉を練っただけで終わるなんてあり得ません。

 

img_20160828_103205
この夏、クライアントさんのパーティで司会を務めました。お礼にといただいたお花です。
(司会はコピーライターの仕事には含まれていません。念のため)