読めばデキル!キャッチコピーはテンプレートで即完成

キャッチコピーが今すぐ欲しい!
キャッチコピーの作り方を知るより、まず作ってみたい!

そんな方のために、定番キャッチコピーのテンプレートを考えてみました。

言葉を入れるだけだから、キャッチコピーを簡単に作ることができます。

「私のこと?」気になる指名型キャッチコピー

「あなたのことです!」とターゲットを具体的に指名するキャッチコピーです。

ターゲットを明確にするので、効果が出やすいパターンです。

 

悩み・困りごとを抱えている方にアピール

「〇〇〇〇〇に悩んでいる方へ」

「〇〇〇〇〇にお困りの方へ」

 

悩んでいる方、困っている方に直球で訴えます。

例えば、

「食べないのに痩せないと悩んでいる方へ」
「収納・片付けにお困りの方へ」

 

悩み・困りごとや、ターゲット部分を
より具体的にするとオリジナリティが出ます。

「脇汗にお困りの方へ」
↓よりも

「脇の汗ジミに困っているOLさんへ」

 

「ダイエットに悩む方へ」
↓よりも

「ダイエットすると胸からやせてしまう方へ」

 

◆さらに!

「DMで集客できず悩んでいるネイリストさんへ」
「手のひらの日焼けをシミにしたくない方へ」
「サイズ25㎝以上。靴選びにお困りの女性へ」

 

願望をもつ方にアピール

「〇〇〇〇〇したい方へ」

「〇〇〇〇〇になりたい方へ」

「〇〇〇〇〇したくない方へ」

 

特長がわかりやすく表現できる、通販広告でよく見るパターンです。

◆例えば

「〇〇〇〇〇したい方へ」
「不動産投資で成功したい方へ」
「資格試験に合格したい方へ」

「〇〇〇〇になりたい方へ」
「あの女優のように色白肌になりたい方へ」
「夏までに本気できれいになりたい方へ」

「〇〇〇〇〇したくない方へ」
「ダイエットでリバウンドしたくない方へ」
「子育てストレスをためたくない方へ」

 

さらに、強力なキャッチコピー

人は後悔や失敗をしたくないもの。
だから、次のキャッチコピーは簡単ですが効果的です。

「〇〇〇〇で失敗したくない方へ」

「〇〇〇〇で後悔したくない方へ」

◆例えば
「就活で失敗したくない方へ」
「病院選びで後悔したくない方へ」

 

つい答えてしまう質問型キャッチコピー

あなたは、キャッチコピーを上手に作ることができますか?

と質問されたら、少し考えませんか?

人は質問されると、つい反応してしまうそうです。

お客様を思い描いて、いろんな質問型キャッチコピーを作ってみましょう。

 

好奇心満足パターン

「○○○をご存知ですか?」

「○○○を知っていますか?」

知っておくと役立つこと、認知度の低い新しい言葉、常識とは異なる新事実など。

読み手が「知りたい!」と思えることがある場合、すぐに使えるキャッチコピーのパターンです。

多くの人が知らないことについて、「○○○を知っていますか?」と質問を投げかけて、回答を出す。

知りたいという好奇心を満足させてあげます。

◆例えば
「ドボジョをご存知ですか?」

以前、私があるPR誌で作った見出しです。
「ドボジョ」とは土木女子の略称。

土木業界で働く女性のことです。
当時、まだ認知度が低かったので使ってみました。

 

専門職の方なら、専門用語を入れてみるのもいいですね。

「キャッチコピーとは何かご存じですか?」
「正しい参拝の作法を知っていますか?」

 

前後を入れ替えて
「ご存じですか?〇〇〇〇」
でもいいですね。

 

なお、このパターンの利点は、続く文章(リード文)が書きやすいこと。

文の初めに回答を書けばいいので、書き出しに苦労しません。

(書き出しにかなり悩むことがあるんです)

 

不安提示パターン

「○○○○○大丈夫?」

問題解決できる商品やサービスに向きます。

◆例えば
「健康診断に行かなくても大丈夫?」
「1日200歩以内なんて、足腰は大丈夫?」
「そんな時間の使い方で大丈夫?」
「今の睡眠時間で大丈夫?」
「人生100年。老後の蓄えは大丈夫?」

・・・なんだか不安になってきました。

使い過ぎにご用心(笑)

 

不満に気づかせるパターン

「○○○○ 満足ですか?」

「〇〇〇〇に満足していますか?」

現状の不満を気づかせる質問を考えてみましょう。

買い替えを促すなど、今を変える提案をするときに向いています。

 

◆例えば
「家族の人生設計、今のままで満足ですか?」
「その炊飯器で満足ですか?」
「結果の出ないスポーツジムで満足ですか?」
「今の美容室で満足ですか?」
「今の税理士さんで満足していますか?」

 

簡単・スグできる型キャッチコピー

「〇〇〇〇するだけで、△△△できる!」

または、

「○○○〇せずに、△△△できる!」

「〇〇〇〇せずに、△△△になれる!」

 

簡単、スグできることは魅力的です。

そのことをわかりやすく伝えられると、
響くキャッチコピーになります。


◆例えば

「食事制限せずに、ダイエットできる!」
「練習せずに、きれいな文字が書ける!」

「言葉を入れるだけで、キャッチコピーができる!」
「1日10分勉強するだけで、△△△資格に合格できる!」

 

ビジネス書など、本のタイトルや売り文句に多いパターンです。
書籍広告を参考にしましょう。

 

まとめ

コピーライターの新人の頃、キャッチコピーの作り方なんて習いませんでした。

習うより慣れろで、思いつくまま作って、上司にたくさんの案を提出しました。

手法を習うより、実践する方が理解しやすい方もいると思い、
キャッチコピーのテンプレートを考えてみました。

いろんな言葉を入れて、たくさん作ってみてくださいね。

キャッチコピー講座

数年前のキャッチコピー講座