社会保険労務士事務所のロゴ作成とWEBサイトのリニューアル

WEBサイトリニューアルの前に行うこと

植田社会保険労務士事務所の所長様より依頼をうけ、
WEBサイトをリニューアルしました。

制作にかかる前に打合せを行い、
しっかり話をうかがいました。

  • なぜ、リニューアルしたいのか?
  • どこを変えたいのか?
  • これまでのWEBサイトの問題点

 

以前のサイトは、ご自身の文章がそのまま使われているそうなので、

その文章をベースに、読みやすく変えることにしました。

また、今の事務所の仕事内容に合うように追加・変更もします。

新しいロゴを、ヘッダーのデザインにした理由

「ちょうどいい機会だから」と、ロゴ作成も依頼されました。

新しいロゴをWEBサイトの顔にすることにしました。

士業や個人事業主のWEBサイトは、代表者自身の写真をヘッダーにすることが多いですね。

印象に残りますし、信頼性が高まり、集客に優位です。

 

しかし、「ヘッダーにデカデカとプロフィール写真を載せたくない」という要望がありました。

さらに、WEBサイトの集客に重きを置いていないということでした。

 

「ヘッダーに自分の顔写真を載せるのはイヤ」という気持ちはわかります。

私も、このサイトを作るときに、一番最初にWEBデザイナーにお願いしたことですから。

そんな経緯で、WEBサイトのヘッダーのデザインは、新しいロゴをメインにしようと考えました。

 

ロゴは、方向性を決めて、デザイナーに依頼しました。

3案提出し、そのうちの1案が選ばれました。

 

ワードプレスにしない方がいいと判断

ロゴが完成し、文章がそろい、
TOPページのデザインとサイトマップを確認しました。

OKの返事をいただき、WEBのデザインがスタートしました。

一旦できあがると、私の方で事前にチェック。
その後で、クライアント様のチェックを受けます。

1回目のチェックを受けて修正。
修正を提出して、ミスがないか再度確認して完成しました。

文章や構成のときに、しっかりやりとりしておくと、デザインのときスムーズです。

「業務が忙しいので、サイト更新などの手間をかけたくない」という要望でした。

セキュリティ上、更新の必要があるワードプレスではなく、HTMLで作成しました。

どのようにできたのかは、下記のWEBサイトをご覧ください。

https://uedasr.net/

 

社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士(略して社労士)というと、
助成金・補助金の相談する人、と考えていました。(浅はかです)

それは業務のほんの一部で、
従業員が働きやすくなる職場環境にすることがメインであり、

会社経営を円滑にするための
大切なアドバイザーだということが
植田様のお話を聞いてよくわかりました。